<

HI-TAK結合工法

HI-TAK結合工法とは

HI-TAK結合工法とは、特殊基盤を用い様々な外装仕上材をあらゆる躯体に取付可能とした「次世代の免震結合工法」です。 多様化する建築物の外観ニーズに応え建物の資産価値の維持・向上を実現します。

メーカー名:高島株式会社

免震性 特殊基盤にほどこしたルーズホールが地震動などの各種挙動に追従し
高度な免震性を発揮します。
安全性 パンチング状の金属基盤に接着剤をメカニカルに結合させ、
石材、タイルの剥離、脱落を防止します。
多様性 石材や様々なタイルに対応できデザインの多様性を実現します。
特にこれまで外装材の制約のあったALC、押出成型セメント板にも対応可能です。
耐久性 基盤にステンレス又は、ZAM(高耐食溶融めっき鋼板)を採用しています。
基盤と下地(躯体)の隙間を水の通り道とすることで、浸透による凍結、
及び接着強度の低下を防ぎ 高い耐久性を実現します。
工期短縮 構造体に基盤を取り付けて石材を並べる感覚で貼り付けています。
モルタル下地も必要ありません。
抜群の作業効率を可能にしたため従来の職人技が必要ありません。
躯体への対応性 木造、RC造、鉄骨ALC、押出成形セメント板等、構造体を選びません。
環境性 既存の外壁仕上材に直接設置が可能な為、
廃材を少なく抑えられます(リニューアルにも最適)。
また外断熱工法にも実績があり、今後の環境負荷低減に期待されています。
防水性 既存の外壁仕上材に直接設置が可能な為、
廃材を少なく抑えられます(リニューアルにも最適)。
外装仕上面の裏側に通水路を設けることにより白華、ひびわれ等を少なく抑え、
防水性を実現します。

プライバシーポリシー

Copyrights(c)TAKARA INDUSTRY CO.,LTD ALL Right Reserved.

↑ページの先頭へ