<

ベースB大壁工法

ベースB大壁工法とは

プレミックスモルタルのメーカー豊運が、長年培った技術により開発したベースB大壁工法は、シームレスで重量感があり、多彩な仕上げに対応できます。さらにモルタル工法の弱点を克服した新しい工法です。
詳細はWEBパンフレットより御覧下さい

メーカー名:株式会社豊運

1. 多彩なデザインに対応

目地のないシームレスな大壁工法で多彩な仕上げパターンが施工可能。

2. 防火構造・準耐火構造

国土交通大臣認定工法「30分防火、60分、45分準耐火構造」の認定を取得しています。

3. 優れた耐久性

「外壁通気工法」を採用。無機質なモルタルと、高機能ジョリパットアルファとの組み合わせにより、
高品質で高耐久なモルタル外壁工法です。さらに遮熱エアテックスと組み合わせることでエコ住宅が実現できます。

4. 工期の短縮

ベースB大壁工法は半乾式工法なので、モルタルの下塗りが不要。工期短縮とコスト削減に貢献します。

5. 安心の施工体制

ベースB大壁工法は、教育、訓練を受けた適格認定業者による施工体制で安心施工。

6. 低汚染

高親水性により外壁の汚れと雨水が一体化。
優れた耐候性と低汚染の塗膜が美観を長期的に保持します。

7. クラックの軽減

耐アルカリグラスファイバーネット(ジルコネットS)との組み合わせにより、クラックの発生を大幅に軽減。
高強度、高耐久性住宅に対応します。

8. 安定した品質

従来のモルタル工法は、防水紙~仕上げまで現場作業が多くクレーム発生頻度が高かったが、ベースB大壁工法は、
品質管理された工場生産品であるベースBラスを施工するだけで、モルタルの下塗りまで完了。
塗厚不足も解消。 安定施工半乾式工法なので安定した施工を実現。
不陸、コテムラが出にくく、高品質な大壁を施工できます。

構成

透湿防水シート 結露による腐食を防ぎ、外部からの水の侵入には防水層の役割を果たし、住まいの耐久性を向上させます。
通気胴縁 12~18mm胴縁採用で通気層をしっかり確保。劣化等級3を確保できます。
ベースBラス ・面材なので、通気層をきっちり確保できます。
・上塗りで不陸を直し、ひび割れのない、高級外壁を実現します。
・あらかじめ乾燥した壁をカッティングした状態で施工できるので、工期が早く現場を汚しません。
ジルコネットS ・耐アルカリ・耐酸性に高性能を発揮し安定した耐久性。
・引張強度に優れ破壊に強い絡み織りの2軸メッシュ。
・柔軟性に富み高い施工性を確保します。
・ジルコニア含有率16.5%の高性能グラスファイバーネットです。
ベースモルタルB セメント、スサ、軽量骨材、特殊樹脂等を絶妙にブレンドして、厚塗り、下地用モルタルとして開発した特殊軽量既調合モルタルです。
ジョリパットシーラー ベースモルタルBとジョリパットアルファの密着性を高めます。
ジョリパットアルファ ・デザイン性の優れた仕上げ材
・180以上のカラーと70以上のパターンからお選びいただけます。

プライバシーポリシー

Copyrights(c)TAKARA INDUSTRY CO.,LTD ALL Right Reserved.

↑ページの先頭へ